ご挨拶

  • プロデューサ
  • 荒川 忠一
  • 原島 博
  • 鈴木 太朗
今回の制作展開催によせて諸先生方よりメッセージをいただきました。

professors

東京大学大学院 情報学環 コンテンツ創造科学産学連携教育プログラム 代表
東京大学大学院情報理工学系研究科 教授
原島 博

原島 博

制作展"iii Exhibition"は、学際情報学府における教育の一環として企画されておりますが、同時に、東京大学大学院情報学環コンテンツ創造科学産学連携教育プログラムにおいても重要な意味を持っており、全面的に協力しております。コンテンツ創造科学産学連携教育プログラムは、映画、アニメーション、ゲーム、さらにはネット上の優れたデジタルコンテンツを生み出すことのできる人材の養成を目的として、2004年から5年間の計画で設置されております。今年度は本プログラムの最終年度であり,制作展もまたそれにふさわしいものとなっていることを期待しています。

この制作展は、学際情報学府および、上記の教育プログラムに属する学生が、それぞれの専門分野の研究をふまえて、また、様々な専門分野の学生同士が協力し合いながら、コンテンツあるいはアート作品として一般にも受け入れられる形で展示する場となっています。

学際情報学府と私どもの教育プログラムでは、文理を融合した、社会に開かれた教育を目指しています。私自身も専門は工学で、これまで、工学は交通や建築、通信など社会のインフラ整備を目的としてきましたが、これからの工学は、そのようなインフラとしてのメディアから、文化としてのコンテンツへと昇華すること、すなわち、「文化創造学として工学」が求められています。単に技術的に何が可能かだけではなく、真理に基づいて作る、善いものを作る、美しいものを作る、という「真・善・美」を追求することが重要であると考えています。

今後は、そのような文化創造、価値創造へ向けて、科学技術すべてにアート的な素養が要求されるでしょう。この制作展では、アート作品の制作という実践を通して、科学技術と文化芸術を結びつけ、新たな文化創造に向けて歩んでいこうとする私たちの意気込みを感じ取っていただければ幸いです。


» プロデューサ  » 荒川 忠一  » 鈴木 太朗